ココロミガキって?

目指すのは、サービスを超えたホスピタリティの実践。
お客様へのこころからのおもてなしです。そのために何よりも必要なのは、美しく磨かれた心。
プロのホスピタリティ実践者ならだれでも持っているその「心」を、
私たちは一緒に育てていきたいと思います。
ここでは、数多くある事例の中から、ほんの少しご紹介いたします。

ふれあい体験談

  • 心に響く手提げ袋new
  • カレー屋さんの地図new
  • お孫様へのプレゼントnew
  • のど飴から繋がるコミュニケーションnew
  • 感動のお守りnew
  • チームワークで生まれた感動のDVDnew
  • 定期入れから繋がった絆new

心に響く手提げ袋

カウンターに70代くらいの女性のお客様が景品交換に来られました。
その方は左手に大きな封筒を二つお持ちになられていました。
もしかしたら、もちにくいのではないかと思い、お客様に
「お客様、もしよろしければそちらの封筒を大きめの手提げ袋にお入
れさせて頂きますがいかがでしょうか?」
とお伺いさせていただきました。するとそのお客様は
「えっ、いいですか?持ちにくかったので助かります。有難うござい
ます。」
と嬉しそうに仰られました。心に響く手提げ袋

その後、お客様の封筒は大きめの手提げ袋にお入れさせて頂き、お客様はどことなく弾む足取りでお帰りになられました。
お客様のお伺いが出来て良かったです。


1998年入社 水野 香織

カレー屋さんの地図

名古屋からお越しのお客様が行きたいカレー屋が見つからないと
仰っていたのでパソコンで調べたところ、地形が入り組んでいて
詳細が分からなかったので歩いて店を確認しに行きました。
そして簡単ですが地図を書いてお渡ししました。
お客様は大変喜んで下さり、後日「美味しかった!ありがとう!」
とお礼のお言葉を頂きました。

2009年入社 高橋 茂伸

カレー屋さんの地図

お孫様へのプレゼント

お客様より、景品棚に欲しかったおもちゃの車の景品が無くなっている
とのお話を伺いました。何とか出来ないかと色々考えた末、お客様がお
帰りになる前までに、そのおもちゃを購入して来ようと思い、自転車
で30分くらいかかる場所まで購入してきました。

お孫様へのプレゼントお客様に景品のご用意が出来た事をお伝えすると
「え?もう?早いね!」
と、とても喜んで下さり、その日に交換してくださいました。お孫様にプレゼントするとの事で、お孫様のお話も伺うことが出来、とても良いふれあいとなりました。

2009年入社 齋藤 麻姫子

のど飴から繋がるコミュニケーション

お客様がカウンターの前を通られた際、
大きく喉をはらう音が聞こえました。
そこで、お客様に喉の具合をお伺いしたところ、
凄くいがらっぽいというお話をお聞きしたので、
のど飴をいくつかお渡しさせて頂きました。

のど飴から繋がるコミュニケーシャンするとお客様は
「水野さん、俺よりだいぶ年下なのに、色々してくれるから何かお母さんのように思えてきたよ。どうも有難うね!」
と仰られ嬉しそうにご遊技台に向かわれました。お客様のお役に立てて良かったです。

1998年入社 水野 香織

感動のお守り

いつもご夫婦でお見えになる常連のお客様の奥様より、旦那様が
目を良くする為に2度程手術を受けられるとお伺いしました。
私に何か出来ることは無いかと考え、翌日神社に参拝に行きました。
奥様も膝が痛いなどのお話も伺っておりましたので、ご夫婦が健康
に毎日を過ごせるようにと願いを込めて、おこがましいとは思いま
したが健康のお守りを2つ購入しました。お手紙を添えてお渡しさ
せて頂くと「わざわざ私達の為に買ってきてくれたの?ありがとう!」
と喜んで下さり安心しました。

感動のお守り また、奥様より「手紙、本当にありがとう!嬉しかった」とのお言葉を頂戴し とても嬉しく思いました。 ご夫婦がご健康でまたご来店下さればと思います。

2009年入社 齋藤 麻姫子

チームワークで生まれた感動のDVD

常連のお客様は遅番のAさんと良く会話をされます。
Aさんとの会話の中で「毎週楽しみにしていたドラマの最終回が見る事が出来なかったの」 と仰られていたそうです。Aさんはお客様がとても悲しそうに見え、何とかして差し上げたいと思い出勤しているスタッフ全員に誰か録画している方はいないか聞いてみました。 ですが、その場にいたスタッフでは誰も録画していなかったので、その日出勤している上司が私をはじめとしたシフト外のスタッフ全員にも連絡をしてくれました。

チームワークで生まれた感動のDVD 私はたまたま録画していましたので、DVDにダビングしたものを翌日お持ちし、 お客様にお渡しをしました。お客様は大変驚かれ、 「何気なく言った一言なのに、みんなの行動がとても嬉しい!ありがとう!」と仰って頂き感動されたご様子でした。
次の日にもまたお礼を言って下さり、喜んで頂けて私も嬉しく思いました。今後も自分に何か出来る事は無いかを考えて対応していきます。

2013年入社 渡辺 瞳

定期入れから繋がった絆

常連のお客様より、お店に来る途中のコミュニティバスの中に定期入れを忘れてしまったかもしれないと申告がありました。 バスの連絡先が知りたいという事でしたが、お客様に定期入れの特徴等お伺いし、私の方で連絡させて頂きました。
というのも、お客様のご家族に定期入れを失くしたなんて事がバレてしまっては怒られてしまうとの事で、バス会社からお客様のご自宅に連絡がいってしまった時の事を考え、連絡先を私たちのお店にさせて頂ける様にしました。
早々にバス会社から連絡があり、お客様の定期入れが見つかったとの事で、お客様にお伝えさせて頂くと「もう何回もこういう事あって、恥ずかしいから行かない!定期入れも諦める!」と折角見つかったのにこんな事を仰られました。 大切な物なので私が代理で取りに行く事も出来ず、バス会社の方にもご本人様でないと・・・と言われており、どうする事が1番お客様にとって良いのか考えました。
お客様はきっと、自分の元に戻って来るならそれが1番嬉しい事なのではないかと。 ただ、1人で取りに行くのは恥ずかしい… なら!私が一緒に行こう!!そう思い、お客様に「もしよろしければ私と一緒に取りに行きませんか??」と尋ねると、「あんたと!?仕事があるじゃない。もう良いわよ!」と諦められている反応でしたが、「いえいえ、これも仕事ですよ♪」と伝えると、「じゃあ台、休憩にしてくるわ」と仰られましたので、お客様と一緒にタクシーでバスの営業所まで取りに行かせて頂きました。バスの中ではお客様の昔話等聞かせて頂いたり、今までよりも更にお客様との絆が深まったように感じます。定期入れを受け取ったお客様は、やっぱり嬉しそうにされており、帰って来るタクシーの中では何度もお礼を言って下さいました。

2012年入社 阿光 汐里

Passionを持ってサービスを考える

フレンドリー・スタッフ

私たちが目指しているのは、決してひとりよがりなサービスではありません。
私たちが信じているのは、お客様に親身になり、感性と想像力を働かせることで自然と生まれる「おもてなしの心」=ホスピタリティの大切さです。
常にお客様と同じ立場に立って考えることで可能になる、一歩先の目線から見たサービスの提供。
そのために私たちは、「フレンドリーな接客の達人」であり続けます。

おもてなしの心

感動を生むサービス、それはお客様のためでもあり、
ひいては社員ひとりひとりのためでもあります。 ひとつひとつのサービスの裏には、「お客様は何を求めているのだろう?」
「どうすればお客様はもっと喜んでくださるだろう?」と
常に自分に問い掛けるスタッフの真摯な姿勢があります。
そして、「ありがとう」とお客様に感謝されることで得られる何にも代えがたい喜び― 。
そのために私たちは、日々の業務に情熱を持って取り組んでいます。

Prideを持ってサービスを考える

サービス先駆者としての自負

ある一人のお客様への心配りをきっかけとして生まれた「玉運び」。
大蔵プロパティーが業界に先駆けて行ったこのサービスは、もはや現在、業界の常識として定着する程になりました。
また近年には全席禁煙フロアの設置も実現。パチンコ業界サービスの原点とも言えるアイデアをどこよりも早く実践した誇りを胸に、常にサービス先駆者であり続ける努力を惜しみません。

フル・サービス実践企業としての誇り

“お客様のご要望にフルにお応えする”フル・サービスの実践を徹底。
お客様がトイレに立つ以外は席を立つことなく心行くまで楽しめる環境づくりを行っています。
常日頃からお客様のことを親身に考え、何を求められているかを感じ取り、即行動に移す。
サービス産業の最前線において、ひとりひとりのスタッフが、
お客様対応のスペシャリストとして活躍しています。

TOP

ホームへ戻る